FC2ブログ
スポンサードリンク



四天王寺  ー大阪府ー

2012.04.11(13:16)
荒陵山(あらはかさん) 四天王寺

宗派:和宗
本尊:救世観音菩薩(くせかんのんぼさつ)
開基:聖徳太子
創建:推古元年(593)
来訪日:H.24.4.8

-----------------------------------


fc2blog_201204112316085d2.jpg 

四天王寺。


大阪に住んでいながら、近すぎてなかなか行けなかった四天王寺へ行ってみることに。


京都、奈良と違って全然近くにビルが建ち並び、全然雰囲気もなくて

あまり期待はしていなかったのですが…




意外や意外。思ったより広く、雰囲気あるじゃありませんか!!


聖徳太子様、ごめんなさい。




境内にはいくつものお堂があり、しかも中央伽藍以外は拝観無料。

この時期桜もあちこちで咲き誇り、かなりの人で賑わってました。




山門を抜けて進むとまず目をギョッと疑うのが池の中の亀の大群。

fc2blog_201204092307048a9.jpg 
↑中央のが全部亀ちゃんたち。一体何匹居るのか!?



かめかめ〜!といいながら子供たちも大喜び。

池の中にもたくさん泳いでましたよ。大人はちょっとびっくり。




次に向かったのが、石舞台の先の
六時堂。

fc2blog_20120411091355b4d.jpg 。



ここ面白い
ですよ〜!

ちょっとした大阪のパワースポットがあります。



『おもかる地蔵様』
 ってご存知ですか?


fc2blog_20120409230805ff4.jpg 

小さなお地蔵様なのですが、このお地蔵様の前で、願い事をしてから、

そのお地蔵様を持ち上げて
みてください!



その時、軽いと思えば、願い事が叶うといわれ、

重ければまだその時期ではない
と言われています。



私は…「うん、思ったより軽い!」

ムスコは…「重っ!」ーーー(まだレゴを買ってもらえる時期ではない!?)

ムスメ…持ち上げれず.…というか、届かず(涙)



こんなのもお参りのちょっとした楽しみですよね。




次に、その横にたくさんのお花で祭られたお釈迦様像へ。

fc2blog_20120409230752cf9.jpg 


少々見にくいですが、中央に右手を上げ、左手に地をさした

誕生時のお釈迦様の立像が。

あの有名な 
天上天下唯我独尊〜♪です。



この日、4月8日はお釈迦様のお誕生日

各地の寺院で、
釈迦の降誕を祝して行う花まつりが行われています。


立像が安置された水盤のなかのお茶(!?)を柄杓で注いでお参りします。

きょうはおめでたい日なんですね。





次にいよいよ中央伽藍へ。



ここからは、拝観料を納め、中に。

わりとこじんまりした空間です。

五重塔、金堂、講堂があり、周りは回廊で囲まれています。


何か同じ聖徳太子の建立だけあって、法隆寺の小さい版みたいな感じ。


fc2blog_201204092307354e0.jpg 


難しい縁起などは、他の詳しいブロガーさん方にお任せするとして、


私は、お子様目線で楽しんでいる所をご紹介
しています。


となると、やはり、ここでは、五重塔でしょうか。

ココ、他には珍しく、最上階まで登れるんです!


中は撮影禁止のため画像はありませんが、ちょっと急な螺旋階段が

クルクルと上へとむかってのびています。

コドモって登ったりするの好きですよね〜!

ムスコはガンガン登って行きます。



思ったより長いーー。(私はようついていかん・・・)

幼稚園のムスメにはちょっと下りの時がコワかったよう。

なんせ急でしたから・・・。



上部には仏舎利が納められているのですが、コドモ目線でいうと、

登ったところで、何がある!?というわけでもありませんが・・・。



ちなみに後日おかげさまで私は筋肉痛(苦)





たくさん歩いた後に、ココは茶店か!?と思わせる。

ガラス張りのキレイな無料休憩所
発見!


中には、ドリンクコーナー(有料、フードなし)もあり、かなり快適

レストランのように、テーブル席もたくさんあるので、

お弁当を食べていらっしゃる方もいました。


子連れにはうれしい施設
です。



境内は広いのでその他、見所はたくさんあります。

お散歩がてらにお出かけするのにもおススメ。

毎月、21、22日は縁日も開かれるそうで、楽しそう。



ぜひ、縁日の日に合わせてもう一度行きたいと思う四天王寺詣でした!



fc2blog_20120411133459c33.jpg  
荒陵山 聖徳太子 四天王寺



拝観前豆知識-------------------------

日本仏教の祖とされる聖徳太子建立七大寺のひとつ。

「日本仏教最初の寺」としても有名。

入り口は、南大門、東大門があり、西の入口には門ではなく、

石鳥居がたっおり、その奥に西大門がある。


南大門が本来の正門だが、「極楽浄土の入り口に通じる

信じられた石鳥居からの参拝者が多い。

皆さん是非ここから!


その伽藍は、南から北へ中門(仁王門)、五重塔、金堂、講堂を

一直線に配置し、中門の左右から出た回廊が講堂の左右に達する

「四天王寺式伽藍配置」といわれ、教科書にも載ってましたよね。


しかし、その伽藍は何度も災害や火災により焼失しており、

現在のは、明治38年に再建されたもの。


「亀の池」中央の石舞台は、「日本三大舞台」として毎年4月22日

の聖徳太子の命日には、雅楽が終日披露される。


主な札所
・聖徳太子霊跡1番
・新西国三十三箇所1番
・近畿三十六不動尊1番
・西国薬師四十九霊場16番
・摂津国八十八箇所25番
・西国三十三箇所番外   
ほか




子連れ情報--------------------------


子供たちにとって最初にテンションが上がったのが、「亀の池」。

境内の中ほどにある池に100匹ほどの亀の軍団。


本物の亀の大群なんて見る機会なかなか無いので必見です!


それから、うちの子は境内の桜の木にちょっと木登り

(良い子はマネをしては行けません!)


またこれが登りやすいのがたくさんあって、都会っ子にとっては

珍しかったのかも・・・とフォロー。



六時礼講堂にある「おもかる地蔵」で願いがいつかなうか!?

なんてのも喜んでましたよ。


あと、五重塔に登る内部の階段は、クルクルしていて、ムスコが

大喜びで駆け上がってました。・・・ママは少々大変。


お手洗いは、ふつう。女性用は、和式ばかりで洋式が少なく、

ムスメが嫌がってました。身障者用有り。



ガラス張りの無料休憩所は、とってもキレイで、とても快適でした。

ドリンクコーナーもあり、有名な釣鐘饅頭も販売していました。

自販機あり。

室内にはテーブルがいくつもあって、お弁当など食べている方

結構いました!




基本情報-------------------------------


住所:
大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18(←Googleマップへリンクします)
 電話:06-6771-0066
 拝観時間:(4~9月)8:30~16:30 (10~3月)8:30~16:00
      その他、毎月21日は30閉門時間30分延長
      六時堂(通年)8:30~18:00
拝観料:中心伽藍 大人300円、高校大学生200円、小中学生無料
      庭園   大人300円、高校大学生200円、小中学生200円 
            *その他の境内は拝観無料です。(六時堂など)
アクセス:電車
                    JR環状線「天王寺」下車北へ徒歩12分
                    地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘」下車南へ徒歩5分
               車(駐車場有り、200円/30分)
                    環状線夕陽ケ丘出口から約6分
公式サイトはこちら


----------------------------------------------------

是非21日か22日の縁日の日に行かれると楽しそうですね!

これからも、いろいろなお寺や神社などに行って、

お子様連れでも安心して、楽しんで参拝出来るよう

少しづつご紹介して行きたいと思います。


頑張りますので、是非応援お願いします!

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村



<<写真、いいのがないんです… | ホームへ | 中山寺  −兵庫県宝塚市−>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://tuucotuuco.blog.fc2.com/tb.php/13-b8c9953f
| ホームへ |
プロフィール

tuuco

Author:tuuco
ちょっとだけ歴女ママのtuucoです。
もともと京都のお寺などへ出かけるのが好きで、コドモたちも大きくなったので、週末のお出かけをママの主導権で、お寺や神社などニッポンを感じる処へ連れて行く事にしました。
結構コドモたちも喜んで、おかげで長男は小2にしてはかなりの歴史つう。
是非みなさんもお子さんを連れて歴史を感じる場所に連れて行ってあげてください!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加しています!応援していただけると嬉しいです。
最新コメント
最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6683位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
540位
アクセスランキングを見る>>

PR