FC2ブログ
スポンサードリンク



2012.04.24(13:07)
五台山 清涼寺 嵯峨釈迦堂

宗派:浄土宗
本尊:釈迦如来(国宝)
創建:987年
開基:奝然(ちょうねん)
来訪日:H24.4.22
-----------------------------------------------------------

DSC_0197.jpg
 

今回は、女二人旅でまたまた嵯峨の清涼寺にいってきました。

先週までの寒さはどこへやら。

昨日の京都は、春を通り越して、すっかり初夏のようでした。



このお寺は、もともと源氏物語の光源氏のモデルとされる嵯峨天皇の皇子、

源融の山荘があった場所です。



その後、阿弥陀三尊像を祀る寺となり、時を経て現在に至るそう。

現在の本堂は元禄14年(1701)に、将軍綱吉の母、桂昌院によって再建されたものです。



山門をくぐると、正面に本堂が。でーん。って感じでした。

DSC_0206.jpg

荘厳な佇まい。

ここの階段から本堂に上がることが出来ます。(撮影禁止なので画像がありません…)


堂内には、桂昌院ゆかりの品が多数飾られていました。


さすが、再建しただけあって、桂昌院の存在大。
 
けど、桂昌院の説明の所に、わざわざ、桂昌院(京都の八百屋の娘)って書いてあったのには

なんか意味あるのでしょうか!?


本堂で御朱印帳を預け、お参りをすませ、堂内をぐるっと一周して、

次にお庭へ向かう回廊へと続きます。

DSC_0201.jpg

おーっ。

私こういうお寺の回廊を歩くのワクワクするんですよね、一体どこに続くのかしら?って。

途中、弁天堂とよばれるお堂も見えたり。

DSC_0202.jpg

そして、どこに続いたかというと…

DSC_0198.jpg

じゃーん。
なんと、写経部屋

何ここ?なんてウロウロしていると、そこへ優しいお坊さんがやってきて、
 
「どうぞ、ここで写経して帰って下さい。心配しなくても、なぞるだけなんで大丈夫ですよ」



何と、以前から一度挑戦してみたい!と思っていた写経を偶然に体験することに。

IMG_2783.jpg 
筆ペンが置いてあり、この紙にあらかじめ印刷してあるお経をなぞり、最後に心願して納めます。

心を静めて、雑念を取り払い、いざ・・・。
 
となるはずでしたが、どうしても襖の向こうが気になって気になって仕方がない!!



・・・というのも、実は、ちょうどこの日、雑誌の撮影だかなんだかで、
 
女優の鶴田真由さんがいらしてて、隣の部屋で打ち合わせ中。

 まわりがシーンとしているのでけっこう響く響く!
 
ミーハーな私は写経どころか、気が散ってしょうがない。

 鶴田真由さん、テレビで見たままの、とっても上品で素敵な方でした。



そんなこんなで無事(?)写経も終わり、清涼寺をあとに。
 
次に向かったのは、源氏物語つながりで、野宮神社

また次回野宮神社の写真アップします!

清涼寺朱印             ↓この「国宝」と書いて下さっていたのにちょっと感動!
fc2blog_2012042420110045f.jpg  
国宝 釈迦如来 五台山 清涼寺

基本情報-------------------------------------------------------
住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
拝観時間:9:00-16:00
拝観料:大人400円子供200円
アクセス:京都駅より28番、四条烏丸より91番バス大覚寺行き嵯峨釈迦堂前下車すぐ
JR、京福、阪急 嵐山下車 2.5km~0.5km
駐車場:あり 800円



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

かやぶきの里 北村 ー京都府美山町ー

2012.04.20(01:40)
かやぶきの里北村 ー京都府美山町ー



今回は、去年の夏に訪れた昔話に出てきそうな素敵な山村集落をご紹介します。



fc2blog_201204192345318eb.jpg 


どうでしょう?なんだか江戸時代にでもタイムスリップしたようじゃありませんか?fc2blog_2012041923455531f.jpg  

ちょっと本当に昔の風景みたい!!


ここは京都府でも市内と日本海との中ほどに位置する山間の集落で、

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。


岐阜県の合掌造りの白川郷は世界遺産にも登録されている有名な場所ですが、こんな近くにも

同じような昔の集落が残っていたなんて、知りませんでした!


38戸ほどの茅葺き住宅がまとまって残っているそう。

もちろん、今でもみなさん普通にお住まいになってます。
fc2blog_20120420000941fd6.jpg   

このお宅も素敵。

思わず、茅葺き屋根アップ。
fc2blog_20120420001813f01.jpg 

こちら入母屋造りといって、もともと社寺建築などの屋根に使われていたため、格式が高く、

身分によって入母屋造にするのを禁じていた地域もあるそう。


妻側の破風口が目立つので、みなさんそれぞれ家紋を彫っておられました。

いいですねー! 家のプライドを感じます
fc2blog_20120420001007644.jpg 

村のなかをずんずん進んでいくと、あちらこちらに茅葺きのおうちがいっぱい! 

この茅葺きのおうちの中はどうなってるの??

と思った方には、こちらかやぶき交流館がおススメ。



↓↓↓ すみません、こちら裏手になりまして、更に、私が行った時刻は夕方。

…のため、閉館しており、肝心の屋内写真がないんです・・・。

 fc2blog_20120420001047848.jpg 

小さな神社もあったので、村人気分でお参りしてみたり。

村内には、他にも民宿、お食事処もあり、のんびりした一日を過ごせそうです!

fc2blog_201204200011554c4.jpg
 

コドモたちも「むかし話のおうちみたいやーー!!」といいながら、走りまくり。


そもそも川遊びをさせたくて、ドライブがてら大阪からあてもなくやってきたのですが、

通りがかりにこんな素敵なところを見つけて、この日は本当に得した気分でした。


けど、なんせ川遊びした後に訪れたもんだから、夕方近くで、

せっかくの資料館は閉まっていたり、で残念でした。

また改めて行きたいな!(←こればっかりや・・・)


fc2blog_20120420001240eed.jpg
 
本来の目的は、コチラ↑↑ 川遊び。



あ、プチ情報ですが、この川からかやぶきの里は、すぐ近くで、

この川の近くに、キレイなキャンプ場もあり。(美山町自然文化村)


キャンプか、BBQして、その帰りにかやぶきの里に訪れるのもいいと思います!

大阪から車で2時間ちょっとくらいだったので、是非関西の方は行かれてみて下さいね。


かやぶきの里北村公式サイト


にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

祇王寺 ー京都・奥嵯峨ー

2012.04.15(19:03)
祇王寺   (平家物語ゆかりの寺)


 今回、珍しくコドモ無しのひとりでやってきました!

さすが、桜のこの時期の京都の賑わいは尋常ではありませんでした。

そんななか、この奥嵯峨周辺は観光客もまばらで、ゆっくり拝観する事が出来ました。

今回は、祇王寺、平家物語で有名な、祇王、祇女、仏御前と平清盛公ゆかりのお寺です。

 fc2blog_20120415200600df7.jpg 

渡月橋から祇王寺までは徒歩20〜30分の道のり。(子連れだとキツイかな…)

有名な竹林の道を抜けてまだまだ先へ。

それにしても、ここもすごい人でしたよ。

fc2blog_20120415200330714.jpg 

だんだん山も近づいてきました。

ここをずーっと進んでいきます。人力車も各地で大繁盛!

70年代の写真風にアレンジしてみたり…

fc2blog_20120415200356a15.jpg
 

歩くこと阪急嵐山駅から延々40分。

やっと祇王寺の看板が!

素敵な佇まいの草庵っといった感じ。

ホトトギスの鳴き声も聞こえ、さっきまでの賑わいはうそみたい。

fc2blog_20120415200447b9b.jpg
 
 あ、まだ奥なのね…

fc2blog_201204152005091e5.jpg
 
やっと入り口。

fc2blog_201204151935486c6.jpg
 

門をくぐって少し歩くと、やっと祇王寺の茅葺き屋根の建物が見えてきました。

なんて素敵なお寺でしょう!

紅葉の時期はこの数倍もキレイなんでしょうね…。

fc2blog_20120415200600df7.jpg
 
 お庭の途中には、こんな竹林も。

fc2blog_20120415200629158.jpg
 
 椿もきれいに咲いていました。まだつぼみもあるなぁ。

fc2blog_201204152006488a1.jpg
 
ここから中へ入ります。

fc2blog_20120415200703c19.jpg
  

お堂の中は、撮影禁止なので、画像はありませんが、とても小さな二間続きのお部屋に、

本尊、大日如来、清盛公、祇王、祇女、母刀自、仏御前

の木造が並んで安置されています。いづれも鎌倉時代のもの。

控えの間の吉野窓からは、陰が虹の色に表れるとか…。 素敵でした。

窓の前の机には、紙と筆が置いてあり、かつてここの庵主様だった

智照尼が座って日記なんかを書かれていたのかなぁ、などと想像したり。


本堂を出て少し下に降りた所に、祇王、祇女、母刀自の墓と、その右に

清盛公の供養塔があります。

大河ドラマファンの私としては、ここで手を合わせ、寺の由縁となった当時のエピソード

に思いを馳せてちょっと切ない気持ちになってみたり…。

 fc2blog_20120415200747309.jpg 

御朱印も頂けました。(もともと紙に書いてあるのを貼って頂くのですが)

fc2blog_20120415223015fa5.jpg 
 奉拝 大日如来 高松山 祇王寺 


このお寺にくるのは今回で3回目となります。

最初は、瀬戸内寂聴さんの「女徳」という本を読んだのがきっかけです。

女徳 (新潮文庫 (せ-2-2))


詳しくはまた書きたいと思いますが、今回は、祇王たちが実際この地で出家生活を送っていた

と思うと、いまでもかなり静かな小さいこの場所に、まして1000年近くも前ならば、

どんなにか寂しい場所だったか、などいろいろ思う所はたくさんあったお寺です。


ちょうど大河ドラマでも『清盛』やってますし、是非この機会に訪れてほしいお寺です!


祇王寺について-------------------------------------------

現在の祇王寺は、昔の往生院の境内にあったが、いつのまにか荒廃して、ささやかな尼寺

として残った。しかし明治初年に廃寺となり、残った墓と木造を大徳寺が保管。

のち明治28年、当時の京都府知事北垣国道氏の別荘を寄付し、復興。



基本情報------------------------------------------------------

住所:京都市右京区嵯峨鳥居本小坂32
 アクセス:京都駅から京都市営バス28号系統「嵯峨釈迦堂前」下車
      四条烏丸から京都市営バス91号系統「嵯峨釈迦堂前」下車
      阪急嵐山駅より徒歩40分
                     嵐電嵐山駅より徒歩25分(目安です)
 駐車場:あり(無料)6台分
 拝観料:300円、大覚寺・祇王寺共通券600円
 拝観時間:9:00~16:30(受付終了)
公式サイトはこちら

いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

なにわ七幸めぐり

2012.04.13(11:04)
 なにわ七幸めぐり

ってご存知ですか?

fc2blog_20120413095842fc1.jpg 

先日四天王寺に行った時からはじめました。



なんでも人生には七つの難関が待ち受けているといわれ、それを乗り越え、

幸せな人生を送るためになにわの七つの寺社をめぐって、神仏から

叡智を授かるために始められたものらしいです。


神社とお寺をひとつの巡礼としているんですね。…

各地でもよくあるのかな!?


七寺社とは
四天王寺 ー家内安全ー
今宮戎神社 ー商売繁盛ー
太融寺 ー無病息災ー
大念仏時 ー諸芸上達ー
四条畷神社 ー心願成就ー
大阪天満宮 ー学業成就ー
住吉大社 ー厄除祈願ー
以上の7寺社です。


これならいづれも近いのですぐにまわれそうです!

今までお参りした所も何箇所かありますし、もう一度行きたいです。


御朱印帳のかわりにこの色紙に御朱印を頂きます。

fc2blog_20120413095842fc1.jpg
 

大きな画用紙くらいのサイズなので持ち運びはけっこう大変ですが、


満願して掛け軸にすると床の間にも飾れそう!

fc2blog_201204130959187e4.jpg 

色紙の種類は2種類あって、扇面のほうが、杉本健吉画伯によるもの

もう1つが四天王寺の住職様の画だったような。

よく見ると船には、聖徳太子や菅原道真、楠木正成など

ゆかりの方々が乗ってる〜!


そして、満願して認定はがきに印を頂き投函すると、四天王寺の境内に、

こんな感じで2年間名前を掲載していただけるんですって。

fc2blog_20120413104541897.jpg 
光栄な事です。

fc2blog_20120413095854a11.jpg 
初めに頂ける満願認定はがき。

こうしてまたひとつ神社仏閣を訪れる目標が出来ました!

西国巡りは広範囲なのでなかなかすぐには満願で着ませんが、


これなら気軽にまわれそうです。


大阪近郊にお住まいの方はぜひここから始められてはいかがですか?


各寺社公式サイト---------------------------------------

なにわ七幸めぐり公式サイトはこちら

某ホテルの企画みたいですが、こちらに七幸めぐりマップ載ってました→こちら

今宮神社

太融寺

大念仏時

住吉大社

四天王寺

大阪天満宮

四条畷神社(HP不明のためWikipediaへ)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

JRおでかけネット 西国三十三所めぐり

2012.04.12(09:25)
JRおでかけネット「西国三十三所めぐり」

ってキャンペーンご存知ですか?

 
fc2blog_201204120857349d4.jpg 
JRのパンフレット



コレ絶対おススメ!なんです。

何故かって!?



それはもう、早く次の札所に行かなきゃ!って気持ちにさせられるから。


だから、それは何でよ?って?


はい。だってそれは…私の場合・・・


キャンペーン期間中に各札所で御朱印を頂くと、

こんなかわいい散華を頂けるから!

fc2blog_20120412085527d0c.jpg  
いい感じの絵が描かれてある!



収集癖のある私にとっては、たまらん!


スミマセン。動機不純で。

でも、その気持ち、アリ。…ですよね!?




専用のパンフレットについている台紙に貼っていけば、

オリジナル西国巡り地図の完成。

fc2blog_20120412085658b8e.jpg 
まだ2個ですね。キャンペーン以前のものもまたもらいに行かなければ!



パンフレットは、わりと大きな駅に置いています。


さらに!各最寄りJRの駅に設置されている専用のスタンプを集めると、

抽選で、豪華賞品が当たります。



そして満願したあかつきには、集めた散華地図の専用の台紙が

もれなくプレゼントされるそう。くわしくは公式サイトこちら


もうこれは集めるしかありませんね。家に飾りましょう。


コドモより私の方が必死。


fc2blog_201204120857548c2.jpg 
こんなかんじでスタンプを押していきます


そしてこのパンフレットがとっても優れもの。

かなり詳しく説明があって、フルカラーで、れっきとした、

西国巡りのガイドブックになっています。(無料とは思えず)


fc2blog_20120412091221e8e.jpg 
仏像についても詳しく解説してある!



何を隠そう、私はこのパンフレットをかなり参照しながらブログを書いております。



ま、何はともあれ、コドモって電車好きですよね。

これをするために、普段乗る事のないローカル線などにのって

の〜んびり巡るのもいいですね。エコですし。


鉄ちゃんのお子さんならたまらん!って感じでしょう。

うちもそうですが…


是非旅の楽しみの1つにして下さい。


詳しくは、こちらJRお出かけネット西国めぐりHP




☆注意------------------------------------------------------------------

キャンペーンは、平成26年3月31までです!お早めに!

スタンプは、常設で表に出していない場合が多いので、

駅員さんに尋ねてみて下さい!奥から出してもらえます(笑)

| ホームへ | 次のページ>>
プロフィール

tuuco

Author:tuuco
ちょっとだけ歴女ママのtuucoです。
もともと京都のお寺などへ出かけるのが好きで、コドモたちも大きくなったので、週末のお出かけをママの主導権で、お寺や神社などニッポンを感じる処へ連れて行く事にしました。
結構コドモたちも喜んで、おかげで長男は小2にしてはかなりの歴史つう。
是非みなさんもお子さんを連れて歴史を感じる場所に連れて行ってあげてください!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング参加しています!応援していただけると嬉しいです。
最新コメント
最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6435位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
526位
アクセスランキングを見る>>

PR